PAGE TOP

目を閉じてダンスする姉妹と夕焼け

雷雲と丘と竜巻

「パエリア」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるのかな。子供のときの体験や固定観念とかが、「ゲーマー」と頭の中でくっついちゃうことも、往々にしてあるんじゃないかな。

息絶え絶えで自転車をこぐ姉妹と冷めた夕飯
その日は、京都や奈良まで出張に行った。
当然非常にあつい!
Uネックの上着の上から、スーツの上。
汗だくになりすぎて、上の背広はめちゃくちゃに。
ビジネスホテルに入って、仕方なくボディーシャンプーで洗った。
夜が明けてそのジャケットはピーチの良い香りがした。
ジャケットが痛むのではないかと気になったけれど、何が何でも洗うべきだと思っていた。

雨が降る週末の午前に熱燗を
離れた家元で暮らす家内の母もたまらなくかわいいらしい孫のためとして、たいそうふんだんに手作りのものを作成して届けてくれている。
キティーちゃんがめちゃめちゃ好みだと話したら、話したキャラの生地で、作成してくれたが、縫物用の布の金額がめちゃめちゃ高価であきれていた。
布は縦、横、上下のキャラクターの方向があるので大変らしい。
でありながら、色々、作ってくれて、届けてくれた。
小さな孫はものすごくかわいいのだろう。
湿気の多い祝日の昼に昔を思い出す
暑い季節にあったことを特にやっていないが、友人と今度、コテージを借り炭を使ってバーベキューをやる。
暑い季節のお決まりだが、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが少ないので、めちゃめちゃたくさん準備をしないといけない。
特に、重い物を運んだりが、女性だと不得意な人がまあまあいるので、頑張らないと。
ただ必ず皆でアルコールをがぶがぶ飲むその時は、ビールをほどほどにするように注意しよう。

勢いで話す姉妹と冷めた夕飯
スイーツがとても好みで、洋菓子や和菓子をつくるけれど、子供が大人のものを欲しがる年になって自作するものが限られてきた。
私と妻が非常に楽しみながら食べていたら、娘が自分も食べたがることは当たり前だから子供も食べてもいいあまり甘くないケーキをつくる。
私は、激甘なケーキがとても好きだったけれど、しかし、娘には砂糖とバターが多い物などはまだ食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖を控えめに入れる。
笑顔でうまいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。
汗をたらして吠える家族と私
北方謙三さんが書いた水滸伝の人間味あふれていて雄々しい人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主要なキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場人物に人間くさい弱さがうかんでくるのもそして、夢中になっていた理由だ。
弱いなりに自分の目標とか将来の為に極力頑張っているのが読んでいて夢中になる。
読みとおしていておもしろい。
けれど、魅了される登場人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていく描写も胸にひびくものがあるから心ひかれる小説だ。

気持ち良さそうにダンスする兄さんと暑い日差し
本日の晩御飯は一家そろって外食なので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を注文しよう、と夜が待ち遠しくて、いろいろと想像していた。
パスタやハンバーグ、ポテトフライやから揚げ、なんてメニュー表にはどんな料理があるのかと想像していた。
行く場所はこの前できたばっかりのレストラン。
お父さんの運転する車は、じきに目的地に着く頃だ。
お母さんは助手席から外の景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の隣で、イヤホンで音楽を聴いている。
少年は車から降りると、ワクワクしながら、店の入り口を真っ先に開けた。
ぽかぽかした仏滅の早朝は窓から
何年か前、短大の卒業旅行で、友人と3人でお隣の国の釜山に観光に向かった。
初めての海外旅行で、宿にしばらくの宿泊だった。
メインストリートを散々観光して、楽しんでいたけれど、途中で道に迷ってしまった。
日本語は、当然通じないし、英語も全然通じなかった。
迷っていると、韓国人のサラリーマンが素晴らしい日本語で道を伝えてくれた。
大学時代時に横浜に留学して日本語の勉強をしたという。
それがあって、また、順調なツアーをすることが可能になった。
最終日、タクシー乗り場で道を説明してくれたその人に縁があってばったり会った。
「ぜひまた」と言ってくれたので、みんなここが印象的な国になった。
いつも有給休暇は韓国旅行が実現される。

凍えそうな祝日の深夜はビールを
海がものすごく近くで、サーフィンのメッカとしてもものすごく知られている場所の近所に住んでいます。
そうだから、サーフィンをしたことがある人はめっちゃ多くいて、会社の前に朝少しサーフィンにという人も存在する。
そんなふうに、サーフィンをする方々が多数いるので、誘われることがめちゃめちゃ多かったのだけれど、いつも断っていた。
なぜかというと、私が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからです。
しかし、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行ってみたところは初心者じゃない人が乗る場所で、テトラポッドが左右に置かれていて、波乗りのスペースが狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。
熱中して走る子供と飛行機雲
ブームが去った今、ニンテンドーDSに夢中になっている。
最初は、英検対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを使っていただけだった。
だけど、ベスト電器でソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、いつも購入してしまう。
スーパーマリオやリズム天国、育成ゲームとか。
変わったソフトで、トラベルシリーズも出ている。
これは、電車内などのちょっとした空き時間には活躍しそうだ。

気どりながら踊るあなたと枯れた森
案外ただの布は高い。
娘が園に通うことになるので、本入れやボール入れが入用なのだが、なぜか布が安い物がなかった。
ひときわ、キャラクターものの縫物用の布なんて、大変高い。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの裁縫するための布が大変高い。
園から指定されたサイズのかばんがわりのものをお店で購入するのが手っ取り早いし、以外と安いのだが、へんぴな所なので、確認したら、みんな、家でつくったものだし、周りに売っていない。

Copyright (c) 2015 雷雲と丘と竜巻 All rights reserved.