PAGE TOP

涼しい水曜の早朝は冷酒を

雷雲と丘と竜巻

「兄ちゃん」のことを特別に感じている人って、どれくらいいるのかな。過去の体験や偏見とかそんなのが、「悲哀」が現してることとゴッチャになることって、確かにありうる話だよね。

そよ風の吹く水曜の夕暮れは想い出に浸る
さやかちゃんはパッと見おっとりしているように見られるようだけど、アクティブな女性。
夫と、1歳になる賢治くんと、仲良し3人一家で、パン屋さんのななめ向かいの一軒家に住んでいる。
パートも育児もささっとこなして、毎日が充実していて、時間の使い方は得意。
ちょっとでも暇を見つけると、今日うちに来てくれる?など絶対電話をくれる。
私は頻繁にお菓子を作って、さやかちゃんの住まいに行く。

悲しそうにダンスする兄弟とオレ
一年の中で、雨の多い梅雨がなぜか好きだ。
空気はじめじめしているし、外出すると雨に濡れるけど。
一つの理由として、子どもの頃、この時期に見られる紫陽花が美しく、それ以来紫陽花が咲くのを楽しみに待っている。
九州長崎の出島で知り合った、シーボルトと瀧の紫陽を見ながらのデートの話を知っているだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで上陸した、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言ったそうだ。
梅雨に可憐に咲くアジサイを見て何回も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
しだいに訛ってしまいあじさいはおた草と別の名を呼ばれるようにもなったらしい。
どんよりした金曜の午後に椅子に座る
せがまれて、山の竹の伐採を協力していたけれど、しかし、大きく重い竹がめちゃめちゃ多くて厳しかった。
竹林の持ち主が土地の管理を両親から引き受けて、竹がたてこんで生えていて、除去しづらかったらしい。
私たちは、ちょっと仕事で用いる竹が手に入れたかったので、いただけるとなり、ありがたくて良かったが、道もない里山から運び出すのもつらかった。

怒って口笛を吹く彼と冷めた夕飯
子供の4歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントを何にしようかを悩んでいる。
嫁と話し合って、体を使って遊ぶ遊具か頭を使うものか着るものなどにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決まらないので、実物を見に行って選ぶことにしたけど、これだというものがなかった。
だけど、子供に触らせてみたら、以外とすぐに決まった。
ジャングルジムに夢中になったので、それに決めた。
ただ、私たちの家が小さいので、小さめのコンパクトなやつに決定した。
販売価格が、わりと安かったので、助かった。
陽の見えない祝日の夕暮れはカクテルを
此の程、TVで、マックのチキンナゲットの味をまねたものといって紹介していました。
とてもうまそうだと考えて、妻にしてもらったが、マックのチキンナゲットの食感では絶対にないけれどうまかったですね。
なんか衣がほんの少し違ったのだけれど、中は、同じチキンなんだから、私程度ぐらいではちょっとの違いはわからなくてめちゃめちゃおいしかったです。

息絶え絶えで体操するあの人とよく冷えたビール
めっちゃ甘いお菓子が好きで、甘いおやつなどを自作します。
普通に泡だて器でしゃかしゃか混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、最近、ホームベーカリーで作成してみた、大変簡単でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
砂糖がちょっとでもニンジンやかぼちゃの甘さがあるので、喜んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という表現もテレビで言っているから変ではないのだけども、大学の頃は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、菓子作りをする男の子が多いよねとも言われる。
寒い休日の午前は歩いてみる
毎夜、キリンビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に接客の仕事がない時に限るけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、アパートの近くで酒屋を発見して、父の日のために買ったことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
実家に届けた、ワインが1万円ほどしたことをついつい言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、ないようだった。
以来、特にワインの質にこだわらなくなった。
あー美味しいと感じる時間の友だったら、値段や質にはこだわらない。

控え目に熱弁する友達と花粉症
知佳子はAさんが大好きらしい。
Aさんも知佳子の事を大切にしている。
Aさんが出張の時は、知佳子も絶対行くし、前回は私も一泊だけ付き添った。
2人は私を同じニックネームで呼ぶし、何をするにも、二人して、私に求めてくれる。
なにかしら気にかけてくれている気がしてきて、とっても居心地がよかった。
喜んで体操する君と夕焼け
オフィスで働いていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、まさにセレブだった。
小さくておしゃべりでハイテンションで、動物愛護の先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、それなりに運動をしているようだった。
革の使用反対、ビーガン、動物実験反対。
一度ご実家に行ってみたことがあった。
都心にある背の高いマンションで、国会議事堂が見えていた。
その先輩、可愛くて上品なシャムネコと仲良しだった。

ゆったりと歌う妹と夕焼け
笑った顔って素敵だなーと思っているので、何があっても笑顔で過ごせるようにしている。
一応、場所と状況と考えて。
でも、他人にそんなものだと強制しては良いとは言えない。
つまり、一括では言えないが、個人的な価値観として。
先ほどまでシリアスな顔で一生懸命に商談をこなしていた人が、笑った瞬間。
すごーく大好き。
目じりにしわができる人が大好き!とよく言う友達。
気持ちも納得できるかもしれない。

Copyright (c) 2015 雷雲と丘と竜巻 All rights reserved.