PAGE TOP

雲の無い大安の明け方に食事を

雷雲と丘と竜巻

アナタが感じている「料理人」と、多くの人が感じている「悲しみ」は、もしかしたらまったく違うものかも。そうやって想像してみると、少し面白いね。

ノリノリでダンスする彼と季節はずれの雪
人々の大半は水という調査もありますので、水は人の基本です。
水の補給を怠ることなく、一人一人が健康的で楽しい季節を満喫したいものです。
輝く光の中から蝉の声が耳に入るとこの時期、普段そんなに外出しないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のお手入れは夏が過ぎた時に出てくるといいますので、やっぱり気にしてしまう所ですね。
やはり、誰もが気にかけているのが水分補給に関してです。
ましてや、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、夏の時期は例外の可能性もあります。
どうしてかというと、多く汗を出して、知らず知らずのうちに水分が抜けていくからです。
外に出るときの本人の健康状態も影響してきます。
思いがけず、自分が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い時期の水分摂取は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれません。
少しだけ外へ出るときにも、ちっちゃいもので充分なので、水筒があればすごく便利です。
人々の大半は水という調査もありますので、水は人の基本です。
水の補給を怠ることなく、一人一人が健康的で楽しい季節を満喫したいものです。

ひんやりした日曜の早朝は焼酎を
あまりない事だけれど、不安な心持になり、ちょっとのことでも楽しくなかった。
特定の理由はなく、急に悲観的になったり、全部無駄なことに感じられたりした。
そんな感じになっていても、急に仕事が舞い込んだ。
しかも結構大きな外での催しで大手の案件だった。
このままでは良くないので自分を忘れて夢中でこなしているうちに元のポジティブな気持ちに戻ってきた。
そういえば、苦しかったときは、昼間に陽の光を浴びたりしなかった。
明るい時間帯に外に出ることも良い事かもしれないと感じた。
自信を持って走るあの子と気の抜けたコーラ
暮らしたところが違うと文化が変わることを二人で生活しだしてからすごく認識することになった。
ミックスジュース作ろうかと妻から前に言われ、コンビニででも買っていたのかなと思ったら、家で作るのが普通らしい。
たくさんの果物と作った氷をいっしょに入れて、ミルクをさらに加えて家庭用のミキサーでミックスして出来上がり。
作ったものを味わい飲んだのは未知の体験だけれど、しかし、すごくよかった。
好きだったし、くせになって、自分でも作り飲んでいる。

息絶え絶えで踊る弟と履きつぶした靴
このようにネットが必需品になることは、当時子供だった私は全く想像できていなかった。
品物を売る店はこれから先競争が激化するのではないかと考える。
PCを使用し、できるだけ安い物をを発見することが可能だから。
レースが盛んになったところでこのごろよく見れるようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや商材販売だ。
もう、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。
悲しそうに吠える友達と失くしたストラップ
あまり、テレビドラマは見ないほうだけど、近頃、それでも、生きていくを録画してから見ている。
殺人犯側の両親と妹と殺された側の親兄弟が会うことになってという流れで、普通はありえないストーリーだ。
殺された小さな子の家族と加害者側の両親と妹のどちら側も悲しい様子が出されている。
流れの内容はすごく暗いと思うけれど、しかしその分、映像の色づかいはきれいなようにつくられている。
花や緑や自然の映像がたいそう多用されていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がものすごく多い。
これから、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

自信を持って話すあの人とオレ
娘とのコミュニケーションをすると、わが子はすごくなじんでくれる。
生まれてすぐは、会社の業務がめちゃめちゃめまぐるしく、顔をあわせることが少なかったため、まれに顔をあわせても慣れてくれなかった。
父親なのにとわびしい心もちだったが、仕事の業務がせわしないからとあきらめずに、つねに、休みの日にお散歩に連れていくらようにした、抱えても、お風呂でも泣かれないようになった。
今では、出勤で玄関をでるとき、自分が行くことが悲しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。
風の無い金曜の朝に椅子に座る
友達の両親が梅干しを販売しているとの事。
天神に本社を置き中国に店もあり、関西の方に自社工場がある。
全国にたまに、数人で組んだグループでデモストレーションをするらしい。
夜中、これを聞いていると、食べたくなった。
梅干し食べたくなった〜!など言うと、たくさんあるよ〜!と出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、人生で一番美味しかった。
なんと、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

天気の良い仏滅の夜明けは昔を懐かしむ
一昨日は、梅雨があけてから初めて雨だった。
アジ釣りの約束を妻としていたのだが、雷がなっているので、さすがに危険で行けない。
確認したら、雨がやんだので、やはり行くということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
天気のよい休みにと言って道具を片づけた。
明々後日からは晴れそうだ。
その時は、今度こそ行ってみよう。
次の機会にと話して釣り道具をなおした。
明々後日からは晴れらしい。
なので、次こそ行きたい。
天気の良い祝日の早朝に冷酒を
好みのアーティストはいっぱい居るけど、最近は洋楽を中心に購入していた。
でも、日本の歌手の中で、大好きなのがチャラだ。
charaはたくさんの楽曲を出している。
有名なのは、やさしい気持ち、いや、VIOLET BLUEなんか。
国内数多くのアーティストが存在するが、彼女はこの方は周りに負けない個性がキラリと光っている。
この国には、海外進出して活躍する音楽家も数多くいるが、CHARAも人気が出るような気がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こう言ったタイトルが思いつくことに感心する。
だいたい作詞作曲もしていて私の意見としてはクリエイティブでカリスマ的な才能がある存在だ。
judy and maryのyukiとコラボし、作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象的。
格好良かったから。
誰だって一度は思う、思われたい感じの事柄を、うまく一言で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなどに入賞されそうだ。

喜んで踊る兄さんと草原
4年前から、九州の南に住んで台風をとても気にすることになった。
風の強さが全然違うからだ。
九州北部に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の風の被害が全然違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、現実だった。
暴風域の猛威がすごい台風が通った後は、ヤシや高い樹は倒れ、海辺の道はゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海近くの家や旅館では、車両のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが割れ、風が入って天井が壊れたりと嘘だと思っていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすめていくだけでも風は非常に強く、古い民家にいると家の揺れてきしむ音がたいそう心配してしまう。

Copyright (c) 2015 雷雲と丘と竜巻 All rights reserved.