PAGE TOP

怒って走る彼と僕

雷雲と丘と竜巻

「強い風」が好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。興味のない人だって。君にとっての「息子」はどうなんだろう?

熱中して話す彼と花粉症
ネットでニュースをよく見るけれど、新聞を読むのも好きだった。
今は、0円で見れるインターネットニュースが多くあるので、新聞はもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短い時間でたくさんの内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースから関わりのある深いところを見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国の債務不履行になるかもというニュースが目につく。
債務不履行状態になるわけないと普通は思うけれど、もしなったら、どの国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

湿気の多い水曜の晩は足を伸ばして
いつものショッピングセンターで買い物をしていた。
冷凍食品の部門でチャーハンを探していた。
そしたら、ハングル文字が書かれた商品を発見した。
確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
昨年、ミョンドンへ行ったときに、何回も韓国を旅している先輩にごり押しされたトッポギ。
日本で冷食として、あのトッポギが買えるなんて、感動ものだった。
気分良く歌う弟と冷たい肉まん
このごろ、小説を読まなくなった。
学生の頃は、ほぼ毎日読んでいたけれど、ここ何年か、仕事が忙しいし、読む時間をつくりにくい。
時間があっても、ゆっくりと小説をじっくり読むという気持ちになかなかなれないので、読んでいても楽しく感じられない。
けれど、すごく楽しめる小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がかなり好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次世代の輝いている若手がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
しかし、純文学だからと無理やり分かりにくい言葉を使っているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。

陽の見えない木曜の朝に料理を
「間違いなくこうで当然だ!」と、自分の価値観だけで他人を判断するのは悪ではない。
と言いたいけれど、世間には個性と言うものが個人の周辺にまとわりついてくる。
その辺を知ると自信を手に入れるのは良いけれど、きつく否定するのは不要かも?と思う。
まあ、これも私の考えでしかないけれど。
暮らしにくい世の中になるかもしれない。
控え目に泳ぐ姉妹と濡れたTシャツ
アンパンマンは、幼児に気に入られる番組なのにすごく攻撃的に見える。
番組のラストは、アンパンチとばいきんまんをぶん殴って話を終わりにするといった内容がたいそう多いように見える。
小さな子にもすごく悪い影響だと思える。
ばいきんまんとその他が、あまり悪いことをしていないときでも暴力で話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を目撃したら、やめろと怒鳴りながらもう殴りかかっている。
理由を聞くわけでもない。
説き伏せるわけでもない。
ただ、殴って解決するから改善されず、いつまでたっても同じだ。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

ぽかぽかした水曜の午後に友人と
ショップ店員さんって私には無理・・・と思うのは私だけだろうか。
毎日、職業柄しっかりコーディネイトしないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で働くときはスーツ着ればOKだし、お化粧も簡単でそれでよし。
外出するときは、自分が納得する服装を選べばいいし、家で働くときはワンピース一枚でできる。
だから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、就けない。
ショップに入ると店員さんが話しかけてきて服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
どうしてもそれに怖くなり、買わずに逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって務まらなさそうと思う事の大きな理由の一つだ。
雪の降る大安の深夜に窓から
喫煙は身体に害がある。
と言う事実はあるものの、知っていても購入してしまうものらしい。
新入社員の頃、仕事の関係で会った旅行会社の社長であるおじいさん。
「この体が元気なのは、喫煙とビールのおかげです!」と明るく言っていた。
胸を張って聞かされるとできない脱ニコチンは無しでもいいのかもしれないと思う。

のめり込んで走る父さんと飛行機雲
憧れている寒い国、ロシアに、一度は旅したいという夢がある。
英語に挫折しそうになった時、ロシア語をやってみようかと考えたことがある。
だけど、ぱらぱらめくったロシア語の会話中心のテキストを見て一日で断念した。
動詞活用の種類が半端じゃないくらいややこしかったのと、私にはできない巻き舌。
旅行としてウォッカとオリビエを目標にいけたらいいなと思う。
熱中して踊るあの子と草原
タリーズコーヒーでも、ロッテリアでもいろんな場所でコーヒーは飲める。
他にも、飲みたいときにインスタントでも飲めるし、いろんな場所で

私が好きなのがスターバックスコーヒーだ。
全店禁煙と言うのは、喫煙の苦手な私にはポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いを楽しめる。
価格もそれなりだが、立派な豆が使われているのでグルメにはたまらないと思う。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、つられてスイーツなど注文してしまうという落とし穴もある。

じめじめした水曜の夜にカクテルを
久しく行ってなかったお仕事の当日、初めて業務でお世話になったAさんという男性は、大柄な上司だ。
入社時に会った時から貫禄があり、プラーベートな会話はちょっとだけしかできなかった。
その際、なんとなくAさんの袖をまくった手首を拝見して驚いた!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスレット何連もつけられていたため。
思わず、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったくらい。
そしたらAさんは得意げに、しかも可愛い顔で、種類別のストーンの名前語ってくれた。

Copyright (c) 2015 雷雲と丘と竜巻 All rights reserved.